冷却期間中にしたいこと

復縁を考えるにあたって、冷却期間をもうけることはとても大事だと言われていますよね。なぜなら、その間に自分も相手も冷静になることができるからです。もし冷静にならずになにか行動を起こそうとしてしまうと、ついつい暴走してとんでもないことをしてしまうかもしれないのです。
また、冷却期間中に、いったい自分のどこが原因で別れることになってしまったのか、ということをじっくり考えることも重要です。別れた原因がわからなければ、復縁することは難しいでしょうし、仮にできたとしても、また同じ理由で別れることになってしまうかもしれないのです。自分のことを冷静に客観視して、悪い点と良い点をみつけていきましょう。
もしなかなかわからない場合は、仲の良い友人に自分の悪いところを指摘してもらうというのもアリでしょう。そうすることで、なにが原因だったのかということも見えてくるかもしれません。
ほかにも、冷却期間中には自分磨きを行うこともしましょう。服装や髪形など、以前とは違う素敵な自分になれるように、心がけるのです。

 

相手と毎日顔を合わせる場合

別れた恋人と毎日顔を合わせることができる環境にいるなら、それは復縁ができるチャンスが大きいということになります。たとえば同じ会社で働いているなら、毎日顔を合わせることができますよね。
しかし、相手が顔を合わせることが気まずいと思っている可能性もあるので、まずは距離をできるだけおいた方がいいのです。たとえ同じ会社で毎日顔を合わせるからといって、積極的に話しかけたりせず、まずは挨拶や会釈程度にとどめておきます。間違っても無視はいけません。周りの人から見て不自然でしょうから、なるべく自然に接するのです。
そして、もし相手が困っているような場面に直面したら、そのときは声をかけてみましょう。「手伝おうか?」とさりげない感じがいいです。ただし、ただ困っている人を助けたという態度を取り、あまり深入りしてはいけません。深入りすることが相手にとって迷惑かもしれないからです。
しかし、うまくいけばこの手助けによって、相手の気持ちが自分へと向いてくれる可能性もあるのです。

 

別れた恋人と友達関係になることについて

別れた恋人と復縁したいと思っても、いきなり男女の関係に戻るのは、やはり難しいです。なので、まずは友達関係にならないといけません。
しかし、相手に対して「友達になって」と言うのはやめておいた方がいいでしょう。はっきりと「友達」と明言してしまうことによって、その関係が二人にとってなんだか心地よいものであったら、そのまま友達から抜け出すことができなくなってしまうからです。
なので、はっきり友達と言葉にしなくても、なんとなく友達のような関係でいる、ということが大事なのです。そもそも友達を作るときだって、自然と仲良くなっているのであって、友達になってください、なんてわざわざ言うことってないですよね。
友達関係になるには、二人で顔を合わせることが負担だ、と相手に思わせないようにしないといけません。なので、もし二人きりになったとき、あなた自身が気まずそうな雰囲気を出してしまっては、相手も気まずい思いをしますから、できるだけ自然にふるまうことから始めるといいでしょう。

 

復縁のおなじないや占いについて

別れた恋人と復縁をしたいけれど、どうしていいかわからない。そんなときに頼りたくなってしまうのが占いやおまじないではないでしょうか。でも、それだっていろいろな種類のものがあるし、そもそも本当に効果があるのかどうかなんて、わからないですよね。
おまじないや占いそのものが本当に効果があるのかどうかはともかく、心理学的には効果があると言われているのだそうですよ。おまじないや占いを本気で行うほど、それにより安心感や達成感を得ることができるんだそうです。それゆえに気持ちがとてもポジティブになります。復縁において、ポジティブな気持ちでいることはとても大切です。誰だって、深く沈み込んでいる人よりも、いつも明るくしている人の方が魅力的に感じるものですよね。なので、ポジティブな気持ちが自然と良い結果を生んでくれるものなんだそう。
ですので、おまじないや占いを半信半疑で行うよりも、まずは信じてみることが大事なのです。ネットで調べてみればきっといろいろなおまじないや占いが検索できますから、なにか良さそうなものを実行してみてはいかがでしょう。

 

二人で会う時の時間について

別れた恋人と連絡を取れる状態にあり、さらに友達というポジションを手に入れることができているなら、復縁は不可能ではないでしょう。もし二人きりで会う機会ができたらなら、なんとかして距離をもっと縮めたいと思いますよね。
しかし、いろいろと気を付けないといけないこともあります。二人きりで会える、ということでどうしてもテンションが上がってしまうかもしれませんが、そこはどうにか抑えるようにしましょう。そして、なるべく相手のテンションに合わせるのです。普通の人間関係においても、自分とはテンションに差がある人と一緒にいるというのは、どうも落ち着かなくなりますよね。男女間であればなおさらです。
また、あまり長い時間を一緒にいることはさけた方がいいです。食事だけ、お茶だけ、といった感じで、数時間だけ過ごす方がいいのです。そうすることで、相手はなんとなく物足りなさを感じてくれるはず。もっと一緒に話したかったな、なんて思ってもらえるかもしれないのです。相手にそう思ってもらえることが、復縁への近道になるはずですよ。

 

別れてから初めてのデートにこぎつけたら

復縁するためには、とにかく相手と連絡を取らないといけませんよね。嫌われてしまっている恐れもあるから、なかなか連絡を取る勇気は出ないかもしれませんが、なんとかデートにこぎつけることができたら、うれしいですよね。かなりチャンスと言えるでしょう。
ただし、下手をすれば、そのデートによって復縁の可能性が断ち切られてしまうことだってあり得ます。それをきちんと心に刻んでおいた方がいいかもしれません。
まず、相手に復縁を迫るようなことをしてはいけません。せっかく会えるチャンスができたのだから、そこでなんとか距離を縮めたいと考えるのは当然です。しかし、いきなり最初のデートで復縁を迫っては、相手の心は離れていってしまうかもしれないのです。
まずはデートを楽しんで、相手にも一緒にいて楽しい、と思ってもらうことが重要なのです。そうすることで、付き合っていた頃の楽しかった出来事を思い出してもらえるはず。
そして、一度目のデートが成功したら、二度目もあるはずです。何度かデートを重ね、徐々に互いの距離を縮めていきましょう。復縁に焦りは禁物なのです。

 

倦怠期による別れ

カップルが別れてしまう理由というのは、実に様々だと思います。恐らく、倦怠期のせいでなんとなく別れてしまった、というカップルはとても多いのではないでしょうか。
実は倦怠期で別れてしまった場合というのは、復縁できる可能性が高いらしいですよ。倦怠期というのは、お互いに安心しすぎてしまうために起こるもので、この人にならなにを言っても大丈夫、なんて甘えからついつい考えなしに言葉を発して、それで相手を傷つけてしまうなんてことがあるかもしれません。また、付き合って2~3年もすぎると、付き合い始めのころの新鮮味も薄れ、相手の嫌なところが目につき始めてしまい、別れてしまったりするのです。
しかし、互いに距離を置くことで互いの大切さを再確認できるので、たとえ別れてしまっても、復縁することができるというわけなのです。
ただし、別れた理由が倦怠期ではなく、あてのことを嫌いになったからだ、という認識をしている場合は難しいかもしれません。嫌いになったから別れたのだと相手が思っている場合は、かなり復縁のための努力が必要と言えるでしょう。

 

男性の本能について

男性の浮気が原因で別れてしまったけれど、やっぱり復縁したいなんて考える女性もいると思います。でも、そもそもなぜ男性は浮気なんてするのでしょうか。
男性というのは、生物的にたくさん遺伝子を残したいという本能があるのです。女性の場合、どんな生き物であれ、赤ちゃんがお腹の中にいれば、ほかの男性の赤ちゃんを身ごもることは不可能です。しかし、男性の場合はそういった制限がないので、できるだけたくさんの女性と関わることで、自分の子孫を残そうという本能が働いてしまうのです。
だからといって、浮気をしていいということにはならないのですが、こういう男性の本能を知っておけば、復縁にも役立つかもしれませんよ。
男性というのは、パートナーになんの不満を持っていなくても浮気をしてしまうので、浮気をされた=自分に落ち度があった、と女性は考えなくてもいいのです。また、一度付き合った女性のことを男性は特別視するものなので、男性が女性に復縁のアプローチをするより、女性が男性にアプローチする方が成功率は高いのです。

 

女性が恋愛を重視するわけ

人間の脳というのは、辛かったことよりも楽しかったことの方を長く記憶するようにできているんだそうです。なので、もし復縁したいな、なんて考えている場合は、きっと楽しかった思い出がいろいろとよみがえってきているのではないでしょか。辛いことばかりが浮かんで来たら、あの人と復縁してもまた辛い思いをするだけ、なんて考えてしまうでしょうから、そんな気はなくなってしまいますよね。しかし、楽しい記憶が比較的思い出されるために、失ってから相手の大切さを再確認する、なんてことになってしまうのです。ところで、恋愛中の女性にとては、とにかくそれが自分の生活の中でかなり大きなベクトルをしめることになります。女性は男性よりも生殖にさける時間というのが少なく、さらには子育てのために体力が必要となります。なので、恋愛を重視するのは生物としても当たり前と言えるのです。
もし元カノと復縁したいと考えている男性がいたら、女性のこういった心理は知っておいた方が良いかもしれませんね。

 

復縁に対する男女の違い

男性と女性では、脳の構造に違いがあるために、恋愛観でも違いが出てくるようです。たとえば、もし別れた彼女と男性が復縁を望んでいる場合、男性は別れたという事実を受け入れられないでいることがほとんどなんだとか。男性は女性よりも脳の切り替えがうまくないために、事実を受け入れることができないからついつい過激な行動を取ってしまって、ストーカーになってしまうなんてことがあるのだそう。
一方女性の場合は、男性よりも辛いことに耐えられるように脳ができているのだそうです。なので、彼氏と別れたらその事実を受け入れることはできます。しかし、寂しいと感じたら復縁を望むんだそうです。男性以上に、女性は一人でいることに不安を覚える生き物なんだそうです。30歳近くにもなると、未婚の女性は結婚に対して焦りを見せ始めるでしょうが、それは「もう若くないから」ということだけが原因ではないのかもしれませんね。
復縁を考えるなら、こういった男女の違いを知っているだけでも、結果は変わってくるかもしれませんね。